産後ダイエット成功の秘訣は骨盤矯正に有り!その理由とやり方は?

産後ダイエット成功の秘訣は骨盤矯正に有り!その理由とやり方は?
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、りたです。

産後ダイエットって一体何から始めたらいいんだろう?と頭をよぎったことはあるでしょうか?

出産前からやたらと耳にする「骨盤矯正」という言葉、皆が揃って「やった方がいい」と言うのには、それなりの理由がありました。

産後に骨盤ケアをしたかしないかで、その後のダイエットの運命が変わるだけでなく、家事や育児などの日常生活にも影響が出てきます。

産後に骨盤矯正することの重要性、どんなやり方で行えばいいのか等々、お届けしていきたいと思います。

産後の骨盤はどんな状態?

骨盤

妊娠中に分泌される「リラキシン」というホルモンの影響で広がりやすくなった骨盤は、お腹の中で赤ちゃんが大きくなるにつれて徐々に開いていきます。

いよいよ出産という時には全開の状態になります。

赤ちゃんがいなくなった後の骨盤は、3~4ヶ月かけて徐々に元に戻ろうとしますが、出産直後はまだまだ開いて歪んだままの状態です。

骨盤が開いたままの為、内臓は下に落ち込んで位置が下がっています。

産後のポッコリお腹の原因です。

 

また、妊娠中は子宮や内臓を守るために、骨盤周りには脂肪がたくさん蓄えられていました。

この脂肪は、出産後に子宮や内臓を守る役割が終わった時点では、水分を多く含んだプヨプヨと柔らかい状態なので「流動性脂肪」と呼ばれています。

産後の下半身に付いた「流動性脂肪」は、燃焼しやすいという特徴があります。

 

産後ダイエットに骨盤矯正が欠かせない理由は?

スポンサーリンク

骨盤が開いたままでは、内臓の位置も下がったままの状態、下半身の血液循環が悪くなります。

その結果、代謝は下がり、先に述べた「流動性脂肪は」燃焼できずに蓄積される一方です。

産後に下半身がどっぷり太くなるのはこのためです。

 

また、骨盤周りの血行不良は、肩こりや腰痛、むくみや冷えなどのトラブルを引き起こします。

骨盤を正しい位置に戻すことで、内臓も正常に機能し始めます

すると、血液循環が良くなることで代謝もアップし、脂肪が燃焼し始めるのです。

 

妊娠中に付いた脂肪は、落ちやすいうちに落としておきたいですよね。

また、産後の骨盤周りの靭帯はとてもしなやかで、骨盤を矯正しやすい状態にあります。

骨盤が緩んでいる時こそ矯正しやすいのです。

産後の骨盤ケアで妊娠前より痩せた、くびれができた、という話を聞くのも頷けます。

よって、産後は骨盤を矯正しやすい状態、この時期を逃すと歪んだ骨盤は正常な位置に戻りにくくなり、妊娠中に付いた脂肪は固まって落ちにくくなってしまうのです。

 

骨盤ケア用品を選ぶ時の注意点

産後の骨盤ケア用品はいろいろありますが、産後すぐ使用可能かどうか確認しましょう。

産後1ヶ月は悪露も出ていて、出産の影響がまだまだ体に残っている状態です。

きつく締めすぎたり、締める位置が悪かったりして更に血行不良に陥れば、子宮の回復にも影響します。

産後すぐに締めることができるトコちゃんベルトを使用して、そこからニッパーやガードルに移行するのがおすすめです。

ちなみに私は産後1ヶ月はトコちゃんベルト、その後はワコールのシェイプマミーガードルを使用しました。

骨盤ケア用品に迷っている方は、参考にしてみてください。

 

産後取り入れたいおすすめ骨盤ケア

スポンサーリンク

骨盤ケア用品を使用する

まずは、産後すぐ使用できる骨盤ベルトなどで、自然に戻ろうとする骨盤をサポートすることから始めます。

先程紹介した「トコちゃんベルト」の他にも、犬印の産後サポーター、ピジョンの骨盤ニッパー、ワコールの産後骨盤ベルトなど、産後すぐから使用できるものがあります。

 

出産当日から産褥体操を開始する

産褥体操は、体が自然と妊娠前の状態に戻ろうとするのを促す効果があります。

出産当日は呼吸法から始め、徐々にレベルを上げていきます。

と言っても難しい体操はありません。

子宮の回復を促進したり、骨盤底筋を整えたり、簡単なのにたくさんの効果が期待できるという優れもの。

産褥体操について詳しくはこちらの記事に書いています。

産褥体操から始めれば産後ダイエットは成功!やり方や目的は?

 

骨盤体操や骨盤ストレッチを行う

簡単な体操を2つご紹介します。

継続するためには「簡単」「覚えやすい」ことが重要です。

たった1分で産後の骨盤をしめる-6cmウエスト痩せの体操

毎日寝る前に1回1分間、骨盤を締める体操を行います。

  1. 仰向けに寝て膝を立てます。
  2. 深呼吸してから膝を身体と垂直になるように引き寄せます。
  3. 互いの両膝をぐーっと押し付け合います。
  4. そのまま10秒間キープします。
  5. お尻の近くに脱力します。
  6. 呼吸が整ったら、脚を伸ばして休みます。

3回繰り返します。

早い人で1週間くらいすると効果が現れます。

 

基本の骨盤矯正エクササイズ

「骨盤回し」という骨盤体操の中では有名なものです。

  1. 両脚を肩幅に開きます。
  2. 腰に手を当てます。
  3. 身体の軸がぶれないように、左右に動かします。
  4. 次に前後に動かします。
  5. 自分がやりやすい方向に、円を描くように大きく骨盤を回します。

上半身を動かさないように、腰だけを押し出すように動かすのがポイントです。

それぞれ1日10セットずつ行います。

体操やストレッチは体調が良い時に行ってください。無理は禁物です。

 

まとめ

産後の骨盤矯正をしっかり行うかどうかで、その後の産後ダイエットが成功するか否か決まると言っても過言ではありません。

産後始める骨盤ケアは、ハードにやる必要はありません。

ゆっくりと、むしろリラックスするくらいの気持ちで行うことが大切です。

中でも母体の回復を促すことができる産褥体操は、是非取り入れることをおすすめします。

それくらい様々な効果が期待できます。

骨盤矯正から産後ダイエットをスタートすれば、母体は順調に回復し、効率よく痩せることができると思います。

あわよくば、妊娠前よりスタイルが良くなっちゃうかもしれませんよ。

スポンサーリンク