産後ダイエットに成功した芸能人のまとめ【その4】47人が痩せた方法とは?

産後ダイエットに成功した芸能人4
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、りたです。

テレビや雑誌で度々話題になる「芸能人の産後ダイエット」も、いよいよ最終回となりました。

「その1」「その2」「その3」とお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

私はただただ「すごい!さすが!」と感心するばかりで…

でも、実際私みたいな一般人でも真似できる方法がたくさんありました。

多少お金がかかりそうでも、自分がやりたいと思ったら真似しちゃいましょう!

それではラスト13名の芸能人の方々が、どのように産後ダイエットを行ったのかお届けしたいと思います。

芸能人の方々が実践した産後ダイエット方法についての詳細、使用したダイエット用品や食品についての詳細は、別のページで紹介していきます。

1986年生まれの長谷川潤さんは、2012年に長女、2014年に長男を出産しています。

出産後は12キロ体重が増加し、1ヶ月で元に戻っています

体のラインを戻すために、週5回のヨガ、ベリーダンスを2時間半、ジムにも通うというストイックさ。

毎朝フルーツなどのスムージーを飲む、水は毎日2リットル飲む、野菜中心のオーガニック生活、と食生活にも配慮。

また、食事の間隔を12時間あける、毎日体重計に乗る、ということを習慣にしているそうです。

 

東原亜希さんの産後ダイエット

1982年生まれの東原亜希さんは、2009年に長女、2010年に長男、2015年に双子の女の子を出産し、なんと4人のお子さんのママです。

東原亜希さんが積極的に行った産後ダイエットは「骨盤ダイエット」です。

ウエストはマイナス10センチになったそう。

自身がプロデュースした骨盤ベルトや骨盤パンツも発売されています。

「東原亜希の骨盤やせ美脚ダイエット」という著書も出版されているほと、骨盤ケアには力を入れていました。

4人産んであのスタイル、骨盤ケアの重要性に納得です。

 

広末涼子さんの産後ダイエット

1980年生まれの広末涼子さんは、2004年に長男を出産、2011年に次男、2015年に長女を出産されています。

3人のお子さんのママとなっても変わらない透明感、産後はベリー・ダンスをダイエットに取り入れたそうです。

他に、岩盤浴ヨガに通ったり、「プロージョン炭酸ミスト」という美容アイテムも使用しています。

 

藤本美貴さんの産後ダイエット

1985年生まれの藤本美貴さんは、2012年に第一子となる男の子を出産、2015年に第二子となる女の子を出産されています。

妊娠出産で14キロ増加してしまい、産後3ヶ月で元に戻しました

藤本美貴さんが行った産後ダイエットは「グラヴィティヨガ」というもの。

「グラヴィティ=重力」のことで、普通のヨガと異なるのは、体を伸ばすというより重力に身を任せて独自のポーズをとる点です。

「ボルスター」と呼ばれる用具やベルトを使用して行います。

自身が書いた「1日10分!ゆるめて、ラクして、キレイにやせる!ミキティのやせヨガ!」という本も出版されています。

藤本美貴さんはグラヴィティヨガのインストラクター資格を取得しているそうです。すごい!

 

ほしのあきさんの産後ダイエット

1977年生まれのほしのあきさんは、2012年に第一子となる女の子を出産されました。

産後3ヶ月でマイナス12kgの産後ダイエットに成功しています。

ほしのあきさんが行った産後ダイエットは、樫木裕実先生の「カーヴィーダンス」と「おっぱい体操」です。

テレビなどでよく紹介されていた「おっぱい体操」は、授乳中のママの為に考案されたものだそうです。

ご自身の書いた本「ほしのボディ。HYPER!!」にノウハウが公開されているとのこと。

 

産後ダイエットに成功した芸能人 ま行

スポンサーリンク

益若つばささんの産後ダイエット

1985年生まれの益若つばささんは、2008年に第一子となる男の子を出産されています。

出産後は体重が13キロ増加して、現在は37キロ前後をキープしているそう。

益若つばささんの産後ダイエットは、まず食生活の改善

お料理上手で知られる益若さん、バランスの良い野菜中心のメニューを自炊し、飲み物は水やお茶だけに制限していました。

産後は骨盤矯正スタジオ(南青山の「Yakobu Body Design Studio」に通っていたとテレビで紹介)に1年ほど通って骨盤ケア、週2回のジム通いではサウナスーツを着用していたそうです。

自宅では毎日腹筋200回、背筋100回を行うというストイックさ。

体重や体の気になる部分のサイズを記録して認識する、ということも実行していました。

 

松嶋尚美さんの産後ダイエット

1971年生まれの松島尚美さんは、2011年に第一子となる男の子を出産、2013年に第二子となる女の子を出産されています。

出産前48キロだった体重は62キロまで増加、そこから44キロまで体重が落ちたそう。

松島尚美さんの産後ダイエットは、母乳育児が終了してから短期集中食事制限する方法です。

5時くらいまでなら、好きなものを食べてましたが、いつもの7割くらいの量。夜は、豆腐、わかめ、こんにゃく、きのこなど、離乳食で残ったやつで、カロリーの少ないものを、チワワが食べる量くらい食べてました

夕食を「チワワが食べる量くらい」と語っていたので、相当減らしていた様子。

1ヶ月半でマイナス6キロ、44キロまで落ちたとは本当にすごい。

 

松嶋菜々子さんの産後ダイエット

1973年生まれの松嶋菜々子さんは、2004年に長女、2007年に次女を出産されています。

産後1ヶ月で7キロの産後ダイエットに成功しています。

松嶋菜々子さんが行った産後ダイエットは、その名も「小鉢ダイエット」

和食中心のおかずを、小さな食器に少しずつ盛り付けて食べる、という方法です。

また、食前に豆乳を飲む、白米を玄米や五穀米に変える、などの工夫をされています。

たくさんおかずを作ることが少々ハードル高めです。

 

道端カレンさんの産後ダイエット

1979年生まれの道端カレンさんは、2004年に長男、2007年に次男を出産されています。

産後は骨盤ダイエットとヨガを行っていたそうです。

基礎代謝を上げるために、大腰筋エクササイズにも力を入れていたとのこと。

ご自身が書いた「バスト・ウエスト・ヒップだけ 3点集中!美ラインストレッチ」という本が出版されています。

 

産後ダイエットに成功した芸能人 や行~

スポンサーリンク

優木まおみさんの産後ダイエット

1980年生まれの優木まおみさんは、2014年4月に長女、2017年1月に次女を出産されています。

妊娠出産で体重が13キロ増加し、産後1ヶ月で5キロ程度しか落ちず、本格的に産後ダイエットを開始。

出産から4ヶ月後には妊娠前プラス1キロまで戻ったとのこと。

優木まおみさんが取り入れた、注目すべき産後ダイエット方法は「リフレクソロジー」というもの。

リフレクソロジーとは、「リフレックス(反射)」と「ロジー(学問)」をつなげた「反射学」のこと。例えば、足の裏や手の平などカラダの一部分を刺激することで内臓の疲労改善がはかれるといった、手足とカラダのある部分が反射関連しているという考えに基づいて、人間が持っている「自然治癒力」を最大限に引き出すこと。

リフレクソロジーは、ストレスを軽減する、血液やリンパの流れを良くする、体内の老廃物の排泄を促進するなど、太りづらい身体づくりに効果があると言われています。

その他、ウォーキングやトレーニングも行い、栄養バランスを考えた食事をとることに努めたそうです。

 

梨花さんの産後ダイエット

1973年生まれの梨花さんは、2011年に第一子となる男の子を出産されています。

妊娠中は体重が11キロ増加して59キロに、その後産後ダイエットに成功して体重は51キロ、ウエストは71.5センチから64センチに。

梨花さんが行った産後ダイエットは、樫木裕実先生の「カーヴィーダンス」です。

直接先生の指導のもと行ったそうで、この辺りはさすが芸能人。

週2回、トレーニングに通っていたそう。

また、食事にも気を配っていたようで、食事の前にグレープフルーツを食べるダイエット、炭水化物抜きダイエットも行ったそうです。

 

渡辺満里奈さんの産後ダイエット

1970年生まれの渡辺満里奈さんは、2007年に長男、2010年に長女を出産されています。

満里奈さんが行った産後ダイエットの方法は「ピラティス」というものです。

「渡辺満里奈 ピラティス道」というご自身の本も出版されています。

ピラティスは、ゆっくりとした動きで身体のラインや姿勢を整えるエクササイズで、ヨガによく似ています。

インナーマッスルを鍛え、基礎代謝を上げる効果があります。

 

まとめ

全部で芸能人47名のみなさんの産後ダイエットはいかがでしたでしょうか。

産後ダイエットとして集中的に取り組めそうなものから、生活習慣として真似てみたいもの、いろいろありました。

中にはこんなハードなのとても無理…ってのもありましたが。

同じようにやったら、こんなスタイルになれるかも!と目標にするのはとっても励みになると思います。

新しい情報は追加していきたいと思いますので、ご自身の産後ダイエットの参考にしてみてください。

スポンサーリンク