産後骨盤ベルトはいつからいつまで使うのが効果的?半年以降は効果が無い?

産後骨盤ベルトはいつからいつまで使うのが効果的?半年以降は効果無い?
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、りたです。

産後の骨盤矯正が大切なことは、皆さんご存知だと思います。

産後ダイエットで重点的に取り組みたい「下半身痩せ」において欠かせないことでもあります。

骨盤矯正する際に必要となるのが、出産準備品として用意する方も多い骨盤ベルト。

効果的に骨盤ケアするために、骨盤ベルトはいつからいつまで使えばいいのか?、長く使うほど効果は上がるのか?

今回は、そんな骨盤ベルトの使用期間についての疑問を解明していきたいと思います。

産後の骨盤の状態は?

骨盤矯正出産を終えた後の骨盤は開いた状態になっています。

膀胱、子宮、直腸などの内臓を、骨盤の下から支えていた骨盤底筋も、出産が終わると伸びて弱くなった状態に。

靭帯をゆるめる作用のある女性ホルモン「リラキシン」の影響で、産後の骨盤はグラグラで動きやすくなっています。

そんな状態の骨盤を支えるサポート役となるのが骨盤ベルトです。

 

骨盤ベルトの種類は?

スポンサーリンク

骨盤ベルトには様々な種類があります。

産後ニッパー、ウエストニッパー、産褥ニッパーなどと呼ばれるものも、骨盤ベルトの一種として分類されることがあります。

ものによっては締める位置が違っていたり、使用可能な期間も様々なので、自分により合ったものを選ぶ必要があります。

商品の説明をしっかり読み、着用について不安がある場合は看護師や医師に確認することをおすすめします。

骨盤ベルトはいつから使うのが効果的?

疑問

産後はすぐ骨盤ベルトを着用する!

産後の骨盤ケアで妊娠前より痩せた、くびれができた、という話を耳にした事はないでしょうか。

産後グラグラして緩んだ骨盤こそ、まさに矯正しやすい状態。

上手く骨盤矯正すれば、妊娠前よりスタイルが良くなることも可能なのです。

骨盤をしなやかにしている女性ホルモン「リラキシン」は、出産から3日目が分泌のピークといわれ、それ以降は徐々に減っていきます。

ということは、出産後すぐに骨盤ベルトを締め始めた方がより効果が出やすいといえます。

 

産後すぐ骨盤ベルトをしなかったら?

産後すぐに骨盤ベルトを着用しなかったとしても、慌てる必要はありません。

出産直後から骨盤が固まり始めるわけではないので、自分の体調と相談して産後1~2週間後からスタートしても問題ありません。

ただ、産後は骨盤がグラグラして歩行が上手くできないなど生活に支障が出る場合があります。

そんな状態の身体を支える目的としても骨盤ベルトは有効です。

 

帝王切開で出産した場合は?

骨盤ベルト 巻き方自然分娩で出産した場合は、体調に問題なければ産後すぐ骨盤ベルトを着用することができますが、帝王切開で出産した場合は傷口と相談する必要があります。

帝王切開で出産した場合も骨盤は自然分娩と同じように開きますので、早めに骨盤ベルトを締めた方がいいといわれています。

しかし、傷口が痛いのに無理をすると、傷口が開いてしまう危険性も考えられます。

傷口にタオルを当ててベルトを着用するという方法もあるそうですが、基本的には医師や看護師に相談して許可を得るようにしましょう。

骨盤ベルトのような巻くタイプではなく、傷口をすっぽり覆うような骨盤矯正用の下着を利用する方法もあります。

 

骨盤ベルトはいつまで使う?

一般的な骨盤ベルトは産後1~2ヶ月程度が使用期間とされています。

それ以降は、骨盤を矯正しやすいといわれる産後半年くらいまで、骨盤矯正下着を使用したり、骨盤エクササイズを行ったり、整体に通ったりすることで骨盤を正常な状態に戻していきます。

実際に私は骨盤ベルトが煩わしくて、産後1ヶ月からはワコールさんのガードルに切り替えました。

 

骨盤ベルトは長く使うほど効果がある?

骨盤体操骨盤が矯正しやすい期間は産後6ヶ月の間といわれています。

この時期を逃すと歪んだ骨盤は正常な位置に戻りにくくなり、妊娠中に付いた脂肪は固まって落ちにくくなる可能性があります。

骨盤ベルトは、あくまで自然に元の状態に戻ろうとする骨盤のサポート的役割をするもの。

骨盤が正常な状態に戻ってからも骨盤ベルトを着用し続けると、骨盤を支える周囲の筋肉を鍛えることができなくなってしまうのです。

骨盤周りの筋肉が鍛えられないと、下半身に脂肪が溜まりやすい妊娠中と状態は変わりません。

筋力をつけるためにも、骨盤ベルトの長期着用はあまり好ましくないといえます。

 

産後半年以降は骨盤ベルトをしても意味が無い?

疑問

産後随分時間が経ってしまってから、骨盤ベルトをしておけばよかったと後悔することがあると思います。

そういった場合は骨盤ベルトを着用することで、骨盤の開きや歪みが改善する場合があります。

産後半年間に矯正するほど大きく効果が出ないかもしれませんが、整体で指導を受けると着用を勧められることも。

産後時間が空いてしまった場合は、整体などで専門家に診てもらうのがおすすめです。

どういった骨盤ベルトや骨盤ケア用品が適しているのか選んでもらうこともできます。

骨盤矯正の目的とは別に、産後は育児中に腰を痛めてしまうことがよくありますよね。

一時的に腰痛を凌ぐために、コルセット的な用途で骨盤ベルトの使用を勧められる場合もあります。

 

まとめ

骨盤ベルトを長期使用し続けることで一番怖いのは、骨盤まわりの筋肉が骨盤ベルトに支えられることになれてしまうことです。

骨盤ベルトを外した途端に腰痛の症状が出たり、急にお腹がぽっこり出てしまうことも。

骨盤ベルトは出産直後から産後1~2ヶ月まで着用し、その後は骨盤エクササイズを取り入れながら骨盤周りの筋肉を鍛えることを意識しましょう。

自分で勝手な判断をして、かえって骨盤が戻りにくくなってしまったなんてことのないよう、産後は一度骨盤の状態を専門家に診てもらうのがおすすめですよ。

スポンサーリンク