産後ダイエットしたら母乳が出ない!2つの大きな原因と改善策は?

産後ダイエットしたら母乳が出ない
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、りたです。

産後ダイエットしたら母乳が出なくなってしまった、あるいは母乳の量が減ってしまった、そんな緊急事態に焦っている方はいませんか?

私は1人目の産後、母乳がなかなか出なくて苦労したことがありました。

やっと出た!と思った矢先、よく考えずに適当なダイエットをしたことにより、母乳が出にくくなってしまったという経験があります。

母乳が出ないと、まず赤ちゃん、次に自分が困ります。

母乳が出ない原因を探り、正しい産後ダイエットを行うことで、どちらも両立させることが可能です。

母乳育児も産後ダイエットも、どちらか一方を諦める必要はありません。

産後ダイエットで母乳が出なくなった原因は?

授乳クッション

母乳が出ないのは「産後ダイエットしたから」という理由をもっと掘り下げる必要があります。

産後ダイエットの何が、母乳を出なくしてしまったのか、ということです。

 

母乳が出ないのは産後ダイエットによる栄養不足

バランスの良い食事食事制限をしていませんか?

私の体験談なのですが、授乳中に炭水化物を抜いたことがあります(なんて無謀で愚かだったか・・)。

そうしたら急に母乳が出なくなったんです。

昔はお餅を食べると母乳の出が良くなると言われたくらいです。

やはり、炭水化物を抜いたことはダイレクトに母乳への影響がありました。

食事の栄養バランスが大切なことを思い知った瞬間でした。

置き換えダイエットやファスティングダイエットなども相当危険なので、止めた方がいいです。

 

母乳が出ないのは産後ダイエットによるストレス

ストレス赤ちゃんがおっぱいを吸うと分泌されるホルモンがあります。

母乳を作る働きがある「プロラクチン」と母乳を出す働きのある「オキシトシン」の二つです。

この二つのうちオキシトシンは、ストレスによって分泌が抑えられてしまうと言われています。

産後ダイエットを始めたことが、知らず知らずのうちにストレスになっている場合があります。

食欲を我慢するのもストレスですし、慣れない運動をするのもストレスです。

「痩せなきゃ」と思い詰めるだけでも精神的なストレスになりますよね。

 

産後ダイエットの影響で出にくくなった母乳について周囲からとやかく言われることが、更なるストレスになることも。

私も身内にうるさく言われることを、非常にストレスに感じていました。

「何で出ないの?」とか。

「こっちが知りたいよ!」って感じですよ。

また、赤ちゃんがなかなか泣き止まない、夜泣きが酷い、自分が休まらない、というような育児ストレスも、母乳が出ない要因になります。

  • 産後ダイエットのストレス→母乳が出ない
  • 母乳が出ないことを指摘される→ストレス
  • 母乳が出なくて赤ちゃんが泣く→ストレス

負のスパイラルの完成です。

 

母乳が出ないとどうなる?

スポンサーリンク

母乳が出ないとまず赤ちゃんが困ります!(ミルクに切り替えるという事は抜きにして)

そして次に、お母さんにどんな影響があるか考えてみます。

母乳が出ないと子宮の回復が遅くなる

赤ちゃんがおっぱいを吸うことで分泌される「オキシトシン」というホルモン。

先程、母乳を出す働きがあると紹介しましたが、オキシトシンは子宮収縮を促すホルモンでもあります。

母乳が出なくなることでオキシトシンの分泌が減少し、子宮の回復が遅くなります。

子宮の回復が遅いということは、下半身痩せにダイレクトに影響してきます。

 

母乳が出ないと痩せにくくなる

単純に、母乳育児で消費するカロリーが減少します。

母乳育児で1日に消費するカロリーは500kcal以上と言われていますので、これが無くなるのは産後ダイエットを行う上で大きな痛手となります。

また、先程説明した「子宮の回復」も、痩せにくくなることと関係してきます。

子宮が回復することで骨盤の開きや歪みも徐々に回復し、下半身痩せが可能になってくるのです。

 

母乳が出ない場合の改善策

助産師さんなどのプロに指導してもらうのがいちばんの近道ですが、自分でできる改善策もたくさんあります。

  1. バランスの良い食事を採る
  2. 育児ストレスをためない
  3. 水分をたくさんとる
  4. 身体をあたためる
  5. 睡眠をできるだけとる
  6. 適度な運動をする
  7. 母乳がよく出るようになるお茶やコーヒーを飲む
  8. 母乳に良いサプリメントを飲む
  9. とにかく赤ちゃんにおっぱいを吸わせる
  10. 母乳マッサージを受ける

単純に「おっぱいが詰まっていて出ない」ということがあります。

そんな時は、助産師さんの母乳マッサージであっという間に出るようになることも。

 

母乳に影響が出ない産後ダイエットとは?

食事
  • 栄養バランスを考えた食事
  • 間食を減らし、無駄な物を食べない
  • ストレス解消になる適度な運動

母乳育児と産後ダイエットを両立する為にいちばん大切な事は、食事内容を制限する産後ダイエットはしないということです。

食事の質を上げることは、母乳の質を上げることにもなります。

母乳の質が上がれば、赤ちゃんもよりたくさん飲んでくれます。

たくさん飲んでくれるほど、消費カロリーもアップです!

 

また、ストレスになるほど負担になる産後ダイエットをしない、ということも大切です。

ストイックに出来る人もいますが、そうでない人の方が多いと思います。

慣れない育児でたまったストレスを解消するような運動を取り入れるのがベストです。

やらなきゃ、痩せなきゃ、と自分を追いつめることは、母乳にも産後ダイエットにも悪影響です。

 

まとめ

産後ダイエットで母乳が出なくなってしまう大きな原因は、栄養不足とストレスにあります。

ストレスと母乳が密接な関係にあることは、おわかりいただけたと思います。

産後ダイエットと母乳育児を両立させるために、少しだけ食べる物に気を配ってみてください。

レシピサイトには簡単なメニューがたくさんあるので参考にするのもお薦めです。

極端な話、豆腐に醤油かける!牛乳に溶かした青汁飲む!炭水化物も適度に食べる!でも一応良いと思うのです。(私の例)

張り切って凄い献立を考えようとすると、それが逆にストレスになってしまい逆効果です。

母乳が一旦出なくなっても、再び出るようになりますので安心してください。

そこからまたスタートすれば、母乳育児も産後ダイエットもどちらも成功間違いなしです。

スポンサーリンク