産後痩せる人と痩せない人がいるのはなぜ?産後痩せない6つの原因とは?

産後痩せる人と痩せない人
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、りたです。

あの人は産後すごく痩せたのに、あの人はほとんど痩せなかった、むしろ太った!?産後に痩せる人と痩せない人がいるのは何故だろうと、疑問に思ったことはありませんか?

私もその一人です。

そして、その原因は「あれなんじゃないか」と薄々気付いてはいるものの、「根拠は無いしね」なーんて気付かないふりをしてみたり…

なぜ痩せないのか、原因を受け止めましょう!それが「産後痩せた人」に仲間入りする第一歩、「産後痩せない人」からの脱却です!

 

まずは妊娠中の体重増加の中身を知ろう!

 体重計

出産までの約10か月で増加する体重、全ては赤ちゃんが育っている分です!と言いたい…でも違います。

妊娠中の体重増加の内訳は(出産時で)、

  • 子宮・乳房・血液の増加 約3~4kg
  • 羊水 約500g
  • 胎盤 約500g
  • 赤ちゃん 約3,000g

少なくとも7kgは増加します。

7kgかぁ、残りどこいったよ!!と私なんかは思うわけです。

その他の体重増加の内訳は、

  • お腹の赤ちゃんを育てる為に必要な脂肪
  • ホルモンバランスの変化によって増えた脂肪
  • ホルモンバランスの変化によって蓄積された水分(むくみ)

「その他の体重増加」に列挙される「脂肪」「むくみ」

恐ろしい単語が並んでいます。

腰回りの脂肪が増加するのは、お腹の中の赤ちゃんを守ろうとする為です。

妊娠中から、皆ほぼ同じ条件下なのに、産後に「痩せた」「痩せない」の結果が違うのであれば、両者の特徴をとらえなくてはなりません。

 

産後に痩せる人の特徴は?

スポンサーリンク

産後痩せる人には下記のような特徴があります。

  1. とにかくよく動く
  2. 母乳育児である
  3. 規則正しい食生活をしている
  4. 産後の骨盤ケアをした
  5. 筋肉量が多く基礎代謝が高い
  6. 育児ストレスを抱えている

 

産後痩せる人はとにかくよく動く

痩せた女性

産後、すぐ職場に復帰したママなんかは、動く量が半端なく多いです。

積極的にベビーカーでお散歩に出掛けたり、公園や、子育て支援センター、ショッピングモールなど、とにかくお出掛けしています。上に兄弟がいる場合などは、必然的に動かざるを得ないということもあります。

 

産後痩せる人は母乳育児、バランスの良い食生活

母乳育児で1日に消費するカロリーは500kcal以上と言われているので、普通の食事をしていれば、原理として痩せるのは当然です。

質のいいおっぱいのために、野菜中心の食生活にするなど、食べるものに気を配っています

「子供の食べ残し」はママが食べてはいけません!旦那さんにあげましょう。これは結構あなどれないカロリーです。

 

産後痩せる人は産後の骨盤ケアをした

骨盤ベルト、ガードルなどを積極的に使用したり、産後ママ専門の整体サロンに通ったり、ケアを怠らなかったママは、ウエストの「くびれ」があっという間に戻っています。

芸能人が愛用している商品など、新製品にも敏感です。

 

産後痩せる人は筋肉量が多く基礎代謝が高い

基礎代謝が高い=消費カロリーが多い、これは体質によるところもあります。

妊娠中は安静にしていることも多い為、脂肪が増加し、筋肉量は減少、基礎代謝量も低下します。運動して基礎代謝アップする努力をしています。

 

産後痩せる人は育児ストレスを抱えている

少しマイナスイメージが強いですが、「痩せている」というより「やつれている」と言った方が正しいのか…こういうパターンもあります。

育児ストレスによって、食べる気力も無くなってしまうのです。

 

産後痩せない原因は?更に太った人の特徴は?

スポンサーリンク

  1. 動かない
  2. 母乳育児である
  3. 食生活が乱れている
  4. 育児ストレスを抱えている
  5. 基礎代謝が低いくせに運動をしない
  6. 痩せることに興味が無い

 

産後痩せない原因【1】動かない

体重計

「産後痩せる人」のタイプと真逆です。動かなくても成り立つ生活を送っている人です。(心当たりが・・)

人付き合いが苦手で、家に引きこもりがち、加えて実家に里帰り中なので、親に甘えて家事もしなくてOK。公園や支援センター、新しい人間関係を築くのって大変ですもんね。

 

産後痩せない原因【2】母乳育児である

「産後痩せる人」にも当てはまります。

痩せないパターンに陥る原因、それは母乳で消費するカロリー以上に食べる!ことです。

赤ちゃんに母乳をあげると、とにかくお腹が空きます。小腹を満たすためにお菓子をつまむ、危険な行動をしています。ちなみに、甘い物はおっぱいも詰まりやすく「乳腺炎」の原因になります。

 

産後痩せない原因【3】食生活が乱れている

育児に忙しいと、自炊を怠るようになります。簡単に食べられるものというのは、高カロリーな物が多いです。そして、早食いです。痩せない人、太りやすい人は、基本よく食べるし、太りやすいモノを好んで食べます

栄養バランスが崩れると、母乳育児にも影響するし、体も疲れやすくなります。

早食いが太りやすいのは言わずもがなですね。

 

産後痩せない原因【4】育児ストレスを抱えている

これも「産後痩せる人」に当てはまる事でした。

「痩せない」場合は、育児ストレス発散の為に「食べてしまう」パターンです。

 

産後痩せない原因【5】基礎代謝が低いくせに運動をしない

文字通りです。(心当たりが・・)昔から運動が苦手、嫌いな人で、筋肉量も少なく基礎代謝も低い。

産後は特に、慣れない育児と家事に追われ「自分の時間」が無くなります。運動する時間があったら「テレビ観たい!昼寝したい!」と思うのです。

 

産後痩せない原因【6】痩せることに興味が無い

実は意外と多い、このパターン。

産後体重が戻らなくてもいい、興味がない、そういう友人がいました。でも本当に幸せそうで、楽しそうで、産後ダイエットしなくてはとイライラしている自分からしたら、羨ましかった記憶があります。

子供にとっては「ニコニコしたママ」がいいに決まっていますもんね。

 

「産後痩せる人」になるために心掛けたい3つのポイント

ストレス発散
  1. 上手なストレス発散
  2. 気負わない運動
  3. 少しだけ食生活に気を付ける

自分に合った「育児ストレスの発散方法」を見つけることが大切です。

自分の為の時間を作る!

これはかなりのストレス発散になります。

美容院やネイルサロンに行って、キレイになるのも良いですし、数時間カフェでくつろぐのも良いと思います。時間単位で赤ちゃんを預かってくれるサービスを、大いに活用すべきです。

気分転換が出来ると、「新しいエクササイズやってみようかな?」「あのレシピ作ってみようかな?」と、何でもプラス思考の行動につながります。あれもこれもやらなきゃ、というプレッシャーはストレスに直結します。

 

まとめ

産後に痩せる人と痩せない人がいるのにはそれなりの原因がありますが、大した違いがあるわけではないのです。

育児は本当にストレスたまりますよね。家事もあるし、時には旦那さんもストレス要因に…

「痩せる人」組に入る為に、痩せる人の行動を真似てみるだけでも変化が表れると思います。

ストレス解消に運動を取り入れる、晴れた日は赤ちゃんと散歩するなど、気負わず出来るエクササイズもたくさんあります。

あれこれやってみるのも楽しいですよ!

スポンサーリンク