IHの排気口を掃除してみた!カバーでふさぐのは危険?汚れ防止3アイテム!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

毎日使用するキッチンのコンロ。我が家はIHクッキングヒーターを使用していますが、これまで極力汚れを溜めないよう努めてきました。おかげさまで見た目もきれいなまま5年程経過しました。

ところが。絶対汚れていないはずの「排気口の中」を除いてみると何故か汚い。軽くショックを受けました。

しぶしぶ掃除をしながら、なぜ汚れてしまったのか、汚れるくらいならカバーで排気口をふさげばいいのか?いろいろ考えました。

今日は簡単な排気口掃除のやり方と、IHまわりを綺麗に保つ汚れ防止アイテムを3つご紹介したいと思います。

 

IHの排気口掃除のやり方は?

掃除が簡単なIHクッキングヒーターも、基本的には汚れたらすぐ掃除しておかないと後から大変です。使ったらサッと拭いておくだけでも違います。

特に魚焼きグリルは、ガスのコンロと同じく使用後のお手入れが必須です。最新式のグリルであろうとアレの掃除は本当に面倒臭くて・・嫌いです。それゆえ我が家は魚焼きグリルを使用したことがありません。魚はフライパンかオーブンで調理しています。

今まで「魚焼きグリルを使わない=排気口は汚れない」だと思って安心していたのです。

油断すること数年、排気口の中はこんな感じ。

IHの排気口

若干ベタつきがあり、埃や何かのカスがこびりついています。何箇所かサビた部分も。

 

排気口掃除に使うもの

スポンサーリンク

排気口の掃除に使用するものは下記のとおりです。

ガーゼなどの布を割り箸に巻き付けて輪ゴムで留め、お掃除棒を作っておきます。

  • 重曹
  • バケツ
  • お湯
  • ガーゼなどの布
  • 割り箸
  • 輪ゴム
  • 歯ブラシ
排気口掃除グッズ

お掃除棒は数本用意

 

【手順1】排気ロのパネルを外す

まず最初に排気口のパネルを外したら、重曹を溶かしたお湯に浸けておきます。ゴシゴシこすらなくてもベトつきを落とすことができます。内側のポケットを取り外せる場合は、それも一緒に浸け置きします。

※オキシクリーンなど酸素系漂白剤も良いと思います。

その間に他の部分の掃除に取り掛かります。

排気口のパネルを外す
排気口ポケット

ポケットは取り外しできないタイプ

 

【手順2】排気口の中を掃除する

お掃除棒を重曹を溶かしたお湯に浸けて絞ります。IHの排気口の中に突っ込んでゴシゴシこすって汚れを落とします。

IH排気口の掃除

落ちにくい汚れは、重曹に浸したキッチンペーパーや布でパックしてしばらく置くと落ちやすくなります。

 

【手順3】排気口の周囲を掃除する

排気口のパネルまわりの汚れは、歯ブラシに重曹水をつけてこすると落ちやすいようですが、「ピカッと輝くシート」でこすった方が早く落とすことができます。私は研磨剤入りの方を使用しています。擦り過ぎると傷がつく恐れがあるのでご注意ください。

ガラストップの天板は、クリームクレンザーを使って掃除します。丸めたアルミホイルでこすると汚れが落ちやすいのだそう。我が家はクリームクレンザーを常備していないので、ここでも「ピカッと輝くシート」を使います。

ピカッと輝くシート

ピカッと輝くシート

 

【手順4】パネルとポケットを戻す

重曹に浸け置きしていたパネルとポケットを乾かして、元に戻せば排気口掃除完了です。

排気口掃除後

少し錆が残ってしまいました

排気口ポケット

綺麗になりました

 

IHのフレームにたまった溝の汚れは?

スポンサーリンク

IHのフレームには溝があり、そこには知らぬ間に恐ろしいほど汚れが溜まります。この話を入居前から聞いていたため、我が家のIHフレームの溝はカバーでぐるっと覆っています。

溜まってしまった汚れは、細いピンやつまようじなどを使ってかき出すことになります。食べ物のカスやら詰まれば害虫が寄ってきそう…想像するだけで恐ろしい。

汚れが入り込まないようにするにはカバーしかありません。

IHフレーム溝の掃除

ここに汚れが溜まります

IHフレームカバー

カバーをするとこんな感じ

入居と同時に貼りましたが、今までピタッと密着したまま良い仕事をしてくれました。今回新しいものを取り付けようと思い、初めて剥がしました。

取り付けも簡単。1,000円ほどで清潔に保つことができるなら安いものです。かなりオススメ。※本来は数ヶ月で取り換えが必要らしいです。

我が家はこちらを使用。

他にもいろいろ。

 

排気口はカバーでふさいでも良い?

排気口はどうせ汚れるなら完全にふさいでしまえばよいのではないか?と考えました。魚焼きグリルを使わなければ、排気口はふさいでも良いと思ったのです。

ところが、普通の調理中に排気口に手を当てると結構な量の風が出ていました。

これは排気口をふさぐと動作に支障をきたすのでは?と思い、開いたことのない取扱説明書を確認してみると…ちゃんと記載されていました。

注意事項

手も近づけてはダメみたいです

IHはグリル使用時以外でも調理中は常時排気されています。排気口を完全にふさいでしまうと、異常停止したり煙が出たり、IHが故障する恐れがあるそうです。

排気口をふさぐことなく汚れを防止できるカバーがあります。

見た目もオシャレで掃除も簡単です。

スタイリッシュさには欠けますが、下のタイプを使うと壁に飛び散る汚れも防ぐことができます。

レンジパネル

レンジパネル

揚げ物をする時は必ずこれを立てて調理しています。周囲に油が飛ばないのですごく良いです。汚れたら惜しげなく捨てられるので数枚ストックしています。

 

まとめ

魚焼きグリルを使わない場合も、IHの排気口は完全に塞いでしまうことがないようご注意ください。

IHクッキングヒーターの排気口は、汚れを溜め込んでしまうほど掃除が大変になります。

今回ご紹介した「排気口カバー・レンジパネル・IHフレームの溝カバー」の3点を上手く使えば汚れはかなり防ぐことができ、お手入れが簡単になること間違いなしです。

揚げ物調理の後片付けが億劫・・な気持ちも軽減されると思いますよ。

スポンサーリンク