完全無欠コーヒーで空腹知らずのダイエット!?手作り「ギー」なら格安で!

完全無欠コーヒーで空腹知らずのダイエット!?手作り「ギー」なら格安で!
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

先日、朝の情報番組スッキリで紹介されていた万能オイル「ギー」を自宅で作ってから、美味しくて色々使えるのでハマっております。

その「ギー」を入れて飲むコーヒーが特に気に入り、毎日のように飲んでいたのですが、市販のギーを購入した際に付属していたレシピ集をふと見てみると、「完全無欠コーヒー」という気になるワードが。

調べてみると、完全無欠コーヒーはかなり前にダイエットとしてブームになったものでした。既に飲み始めている「ギー入りコーヒー」がダイエットに良いなんてラッキー!と思ったら、どうやらギーをただコーヒーに入れて飲むだけでは駄目だということが判明。

毎日「完全無欠コーヒー」に近い(?)ものを飲んでいるのだし、せっかくなので少し追及してみることにしました。

 

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本をご存知でしょうか。読書の習慣がない私は全く知らなかったのですが「全米の食生活を変えたベストセラー!」なのです。

完全無欠コーヒーはこの本をきっかけに日本でブームになりました。

この本の著者であるデイヴ・アスプリーさんは、シリコンバレーで成功したIT起業家で、IT技術を駆使して食とダイエットについて研究、完全無欠コーヒーを取り入れた「完全無欠ダイエット」で50キロもの減量に成功しました。

更に体重減少だけでなく、IQが20ポイントアップしたのだそう。アスプリーさんは完全無欠コーヒーを毎日1杯、7年以上も飲み続けています。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

ちなみに「シリコンバレー?」って思ったのは私だけかもしれませんが…念のため。

アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコのサンタクララ・パロアルト・サンノゼ地区の通称。谷(Valley)と呼ばれる盆地地帯に、半導体産業や大手コンピューターメーカー、ソフトメーカー、ハイテクベンチャーなどを中心としたIT企業、そして研究所や関連企業が密集しているため、半導体の代表的な素材であるシリコン(Silicon)にちなんで名づけられた。

出典:https://kotobank.jp

 

完全無欠コーヒーとは?

スポンサーリンク

完全無欠コーヒーとは、すごく簡単に言いかえると「バターオイルを混ぜたコーヒー」のことを言います。別名バターコーヒーとも呼ばれています。

ただし、何のバターやオイルでも良いというわけではありません。

バターは「グラスフェッドバター」、オイルは「MCTオイル」というものを使用しなくてはならないのです。

どちらも耳慣れない言葉です。

 

グラスフェッドバターとは?

グラスフェッドバターというのは、無農薬の牧草だけを食べて育った牛のミルクで作られたバターのことです。

普通のバターは、とうもろこしや麦など穀物のエサで育った牛のミルクから作られるものが大半で、エサは農薬に汚染されていたり、遺伝子組換の穀物であることも多いのだそう。

グラスフェッドバターは高級なバターなのでお値段も高め。毎日飲むにはためらってしまう価格です。

 

MCTオイルとは?

MCTオイル(エムシーティーオイル)は、中鎖脂肪酸100%のオイルのことを言います。

MCTの主成分は、ココナッツや母乳に含まれる天然成分「中鎖脂肪酸」で、先日書いたギーの記事でも紹介しましたが、体内での分解が早いため脂肪になりにくく蓄積しないという特徴があります。

ダイエットで話題となったココナッツオイルには、中鎖脂肪酸が約60パーセント含まれています。

 

完全無欠コーヒーでダイエット

オーガニック食材

前述のデイヴ・アスプリーさんが実践した「完全無欠ダイエット」は、「完全無欠」な食材を揃えるだけでも大変でお金もかかります。オーガニックが良いのはわかるんですけどね…

その中でも比較的簡単に真似できて効果があると言われる「完全無欠コーヒー」を取り入れたダイエットが日本でブームになりました。

やり方はとても簡単で、完全無欠コーヒーを朝食に飲むだけ。

朝食は炭水化物を摂取せず、完全無欠コーヒーだけにすることで、体内の余分なエネルギーを消費できるという「プチ断食」のようなものです。

バターとオイルの入ったコーヒーを摂取すると空腹を感じにくくなり、更に脳の働きも活性化されるのだそう。実際、朝食に完全無欠コーヒーを飲んでいる方の「仕事がはかどる」という感想が多く見られます。

 

完全無欠コーヒーの作り方

スポンサーリンク

完全無欠コーヒーの材料は、コーヒー・グラスフェッドバター・MCTオイルの3つです。

グラスフェッドバターの代わりに「ギー」を入れてもOK。

コーヒー1杯に、グラスフェッドバターかギーを大さじ1〜2杯、MCTオイル大さじ1~2杯を加えます。数字だけ見ると結構な量の油だな…と感じます。

コーヒーにバターとオイルを入れて混ぜるのですが、ただスプーンで混ぜても完成ではありません。

ミキサーで攪拌(かくはん)する必要があるのです。

バターとオイルを攪拌器でコーヒーに溶かし合わせ「ミセル」という状態に分解することで、脂肪がエネルギーとして消費されやすくなるのだそうです。

 

この重要なポイントとなる「攪拌(かくはん)」という作業、家庭にある生クリームをホイップするミキサーでは大きすぎて使えません。最適なのはカフェラテを作る時に使うミルク用泡立て器です。

ミルク泡立て器

こんなオシャレな調理器具持っていない・・代わりに「料理用のブレンダ―」で作ることができます。

これなら離乳食用で使ってた!という方も多いのではないでしょうか。1台あると普段の料理にも重宝します。

マルチブレンダ―

マルチブレンダ―

ただ、ブレンダ―は準備や後片付けが結構面倒臭いのです。コーヒー1杯の為に出し入れするのが…と思ってしまう。

ミルク用泡立て器は安いので、完全無欠コーヒー用に購入するのもおすすめ。

 

ギーで作る完全無欠コーヒー

「ギー」で完全無欠コーヒーを作ってみました。

マグカップにMCTオイルを大さじ1杯入れます。カップは大きめがおすすめです。

完全無欠コーヒーの作り方1

大さじ1杯のギーを入れます。

完全無欠コーヒーの作り方2

マグカップにドリップコーヒーをセットして熱湯を注ぎます。

完全無欠コーヒーの作り方3

ミキサーやブレンダ―でクリーミーになるまで混ぜ合わせます。

写真のようにラップで覆ってから攪拌すると、周囲への飛び散りを防ぐことができます(ブレンダ―はカップの底に付けるようにして回すと良い)。

完全無欠コーヒーの作り方4

出来上がり!

完全無欠コーヒー

「なにこれ美味しい!!」というのが最初の感想。コーヒーにギーを入れてスプーンで混ぜただけでも美味しいと思っていましたが、クリーミーで更に美味しい。

そして「空腹感を感じにくい」というのも納得。忙しい朝に完全無欠コーヒーだけ飲んで仕事に取り掛かると、お腹が空いた!と思うことなくお昼になる日が多いです。

仕事にも集中できるので、完全無欠コーヒーダイエットで言われている「脳の活性化」についても効果があるのではないかと感じています。身体が慣れてきたらどうかな・・という気はしますが。

 

完全無欠コーヒーを作るのが面倒臭い時は?

忙しい朝にバターを切って、オイルを入れて攪拌して・・という作業を継続するのは結構大変です。そんな時に便利なのがコーヒーに入れて混ぜるだけで完全無欠コーヒーになるという「ココナッツ・ギー」。

バターを切ったりオイルを量る手間が省けます。※「混ぜるだけ」とありますが、攪拌はした方が良いと思います。

グラスフェッドバターを100%使用したギーと、有機JAS取得のスリランカ産ココナッツオイルがブレンドされています。

GHEE EASY ココナッツ・ギー 200g オーガニック(グラスフェッドバター) 【混ぜるだけでバターコーヒー(完全無欠コーヒー)に】

混ぜるのすら面倒だ!という方には、ファミリーマートで販売されている「バターコーヒー」という商品がおすすめです。

バターコーヒー

ファミリーマート「バターコーヒー」

オリジナルとスイートの2種類あります。どちらも1本66kcalです。

オリジナルの方は、無糖のミルク入りコーヒーのような味、スイートの方は、微糖のミルク入りコーヒーといった感じでした(普段滅多にブラック以外のコーヒーを買わないので、表現が違ってたらごめんなさい)。

個人的にホットコーヒーが好きなので、アイスという点が残念。でも美味しいですよ。

そして、やはり気のせいかもしれませんが腹持ちが良いのでは!?と感じました。

240mlで税込198円というお手頃価格です。これなら気軽に会社など出先で飲むことができます。

 

完全無欠コーヒーは高い!?

手作りギー

手作りギー

完全無欠コーヒーは材料にお金がかかります。MCTオイルは質の良いオリーブオイルくらいの感覚で購入することができますが、グラスフェッドバターが高い!

一般的なスーパーで購入する無塩バターは200グラム500円弱で購入できます。ところが、グランフェルマージュの「バイオ・グラスフェッドバター(無塩)」は、なんと100グラム1,000円もするのです。

グラスフェッドバターを使わず、手に入りやすい普通の無塩バターで完全無欠コーヒーダイエットをされている方もいますが、空腹感を感じないという効果は得られているようです。

それならば、安い無塩バターで作った万能オイル「ギー」を完全無欠コーヒーに利用すればより良いのではないかと思うのです。グラスフェッドバターで作ったものにはかなわないと思いますが、個人的にはこれで充分。

安上がりで作るのも簡単、何より美味しいのでオススメです。

 

まとめ

完全無欠コーヒーを用いたダイエットは、コーヒーが好きな方なら長期継続も苦にならないと思います。

朝1杯のちょっと贅沢なコーヒーで気分も上がります。

気になる方は、まずファミリーマートのバターコーヒーから試してみてはいかがでしょうか。続けられそうであれば、金銭的にも負担の少ない「ギー」を手作りするのがおすすめです。

スポンサーリンク