ピアニカケースの作り方!裏地&切り替えあり【型紙ダウンロード可】

ピアニカケースの作り方!裏地&切り替えあり【型紙ダウンロード可】

みなさんこんにちは。

幼稚園に入り年中さんくらいになると購入する鍵盤ハーモニカメロディオンピアニカとも呼ばれます)。

ケースやカバーは購入時についていない為、家庭で用意することになります。

市販のカバーもありますが、なかなか良いお値段・・ということでピアニカケースを作ることにしました。

実は今回で2つ目。

前回はオーソドックスなタイプを作りましたが、今回は少しだけデザインを変更。切り替えを付けたり持ち手の付け方を変えてみました。

ケースに入れるピアニカ

スズキのメロディオン

今回ケースに入れるピアニカは、スズキのメロディオン「MXA-32」という型です。

サイズは、幅約46cm×高さ約18cm×厚さ約5cmです。

本体(楽器)の重さは565g、ハードケースの重さは600gです。

スズキの公式サイトでは、鍵盤ハーモニカバッグも販売されています。

個人的にはハードケースのままでも良いのではないかと思うのですが、布ケースがあれば傷を防ぐことができますし、子供にとっては持ち運びしやすくなるのだと思います。

あとは、棚にズラッと並んでいても”自分のピアニカ”を一目で見分けることができます。実はこれが一番のメリットかもしれません。

スポンサーリンク

生地を裁断する

まずは生地を裁断します。

表地本体になる生地は、片側を輪にして2枚裁断します。

表本体型紙

表地本体

型紙②「表・切り替え」はA4用紙の縦幅いっぱい(21cm)使用します。印刷すると端が切れてしまうかもしれませんのでご注意ください。

片側を輪にして1枚裁断します。

切り替え型紙

切り替え生地

フラップは表地と裏地、1枚ずつ裁断します。

フラップ型紙

フラップ

裏地は下の画像のサイズで長方形に裁断します。(型紙はありません)

裏地型紙

※倍率を100パーセントに指定してA4用紙に印刷してください。

生地が薄い場合の事前作業

ピアニカケース

以前作ったピアニカケース

1つ目に作ったピアニカケースはキルティング生地を使用したのですが、今回は少し生地が薄いため、表地本体と切り替え生地の裏側にドミット芯を貼りました。

100均でも購入することができます。

ドミット芯

ダイソーのドミット芯

縫い代などのラインは、接着芯を貼った後に書くようにします。先に線を引いてしまうと、ドミット芯を貼った後に見えなくなってしまいますのでご注意を。(私は間違えて再度引き直す羽目に。)

生地に印を付ける

ケースの底は7センチのマチを付けるので、先に印を付けておきました。(後からでも大丈夫)

ピアニカケースの作り方

【手順1】フラップを作る

手順1フラップ

表地と裏地を重ねて待ち針で固定します。

バイアステープで包みやすくするため、写真のように端を縫います。

フラップ

縫った部分をバイアステープで包んで縫います。

バイアステープ

バイアステープは面倒という場合は、表地と裏地を中表に合わせて周囲を縫い、表に返せばフラップを作ることができます。

【手順2】表地に持ち手を縫い付ける

持ち手を準備します。

今回は両端の縫いしろを2cmずつ取り、57cmのテープをつけています。(57cm×2本必要です)

手順2持ち手

表地の下側縫いしろから、持ち手テープが2cm出るようにして留めます。

持ち手を付ける

黄色の破線部分をコの字に縫います。

もう1枚の表地にも同じように持ち手を縫い付けます。

スポンサーリンク

【手順3】切り替えを縫い合わせる

持ち手を付けた表地本体と、切り替えの生地を中表に合わせます。

手順3

赤の破線部分を縫って切り替え生地をつなぎます。

手順3

【手順4】中表に合わせて縫う

生地を中表の状態で半分に折り、赤い破線部分を縫います。

手順4中表にして縫う

【手順5】マチを作る

底の部分に7センチのマチを作ります。

手順4マチ

黄色の破線部分を縫ってマチを作り、角の先端をカットします。

マチを縫う

表の袋が完成します。

ピアニカケース表

【手順6】裏地で袋を作る

次に、裏地で袋を作ります。

生地を中表に合わせ、両脇を縫います。

表袋と同じようにマチを作り、先端をカットします。

裏袋の作成

【手順7】中とじをする

中とじ

表袋と裏袋のマチの部分を合わせて手縫いします。

中とじをしておくと裏袋が表に出てこないだけでなく、ケースの角がしっかりします。

中とじのやり方はこちらに詳しく書いています。

中とじ後、裏地をひっくり返すときれいに角が出ます。

中とじ

【手順8】フラップをつける

フラップを表袋に取り付けます。

今回はこのタイミングで取り付けましたが、【手順2】の後(持ち手を付けたあと)に作業すれば良かったと思いました。

表袋の口とフラップの縫いしろライン(端から2cm)を、写真のように中表に合わせて縫います。

フラップ取り付け

【手順9】袋の口を縫う

表袋と裏袋の口を縫い代で折り待ち針で固定します。アイロンで癖付けしておくと作業しやすいです。

袋の口を縫う

裏地の端から数ミリのラインをぐるっと一周縫います。

袋の口を縫う

表側から見ると、端から1cmのところに縫い目が出ます。

袋の口を縫う

【手順10】面ファスナーをつける

フラップに面ファスナー(マジックテープ)を付けたら完成です。

家に白しかなかったのでとりあえず付けましたが…黒にしたら良かったかも。

面ファスナーをつける

ちょっと曲がってる・・

ピアニカを入れて上から見たところ。

ピアニカケース

持ち手とフラップのバイアステープがアクセントになります。

ピアニカケース

面ファスナーの縫い目が気になる方は、アイロンワッペンやお名前タグなどを貼って隠しても。

最近のアイロン接着タイプの面ファスナーは接着力が強力なので、わざわざ縫う必要はないかもしれません。

ピアニカケース

まとめ

切り替えがあるだけでもケースの雰囲気が大きく変わります。持ち手も長めに付けるとアクセントに。

今回の反省点は、ドミット芯が厚すぎたことです。もっと薄いもので充分でした。

キルティング生地×薄手デニムにすれば良かったと少し後悔。何の生地にしようか悩んでいる方は、キルティングが縫いやすくておすすめです。

今のところ他のお友達とかぶる様子もなく、本人もお気に入りのピアニカケースができました。